ホワイトニングって痛い?

ホワイトニングって痛い?

ホワイトニングって痛い?

ホワイトニングでは、歯の表面の色素を分解するために、薬剤を塗布します。痛いということはありませんが、知覚過敏の人は少し違和感を感じる場合もあります。そのため歯科クリニックでは、緊張をほぐすために静かな音楽を流していることが多いです。元々ホワイトニングは、アメリカで1989年に開発されました。従来、歯を白く見せるためには、表面を削ってセラミックをかぶせていましたが、最新のホワイトニング技術では、歯に負担をかけずに汚れを落とします。また主に2種類の方法があり、薬を塗ってからハロゲンライトを照射して色素を破壊するタイプと、ホームホワイトニングといって薬剤の入ったマウスピースを装着する方法があります。薬剤には微量の過酸化水素が用いられていますが、身体に害はありません。約1週間から1か月の間、装着することで効果が得られます。一方、ハロゲンライトなどの光を当てる方法は、オフィスホワイトニングと呼ばれ、歯科クリニックで治療を行います。ホームホワイトニングより作用が強く、利用される過酸化水素はおよそ10倍です。そのため歯茎に付着すると、少し痛いと感じる場合もあり、ベテランの歯科医師に行ってもらう方が良いです。しかしいったん色素を分解すると、治療後に色が戻りにくいというメリットがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ